NYC 2017 その11。 

今回の旅のメインは「BIG 3」視察。


会場はNETSのHomeバークレイズセンター。


S__11116549.jpg

RIMG0185.jpg

RIMG0186.jpg

RIMG0201.jpg

RIMG0188.jpg

RIMG0189.jpg

S__11116548.jpg

S__11116547.jpg

RIMG0204.jpg

S__11116551.jpg


S__11116554.jpg


続く。


次回、中入ります!w

NYC 2017 その10。 

3日目。


RIMG0145.jpg
↑宿泊先の玄関を出るとこれ。


BIG3の会場であるバークレイズセンターへ向かう前に車でブルックリンを散策。コートを探す。


S__10887224.jpg

RIMG0157.jpg

S__10887225.jpg

RIMG0161.jpg

S__10887228.jpg

RIMG0164.jpg

S__10887229.jpg

RIMG0165.jpg

S__10887231.jpg

S__10887232.jpg

S__10887234.jpg

S__10887235.jpg

S__10887237.jpg

S__10887236.jpg

RIMG0179.jpg


とにかくコートが多い。


たった2分、車で走るとすぐ別のコートが見つかる。


BROOKLYN。


続く。

NYC 2017 その9。 

2日目。

朝から快晴おでかけ日和。


RIMG0085.jpg

RIMG0086 のコピー


マンハッタンからニュージャージーまで。


RIMG0093.jpg

RIMG0098.jpg

RIMG0101.jpg

RIMG0119.jpg

RIMG0121.jpg

RIMG0123.jpg

RIMG0126.jpg

RIMG0127.jpg

RIMG0128.jpg

RIMG0135.jpg

S__9158658.jpg


3日目の「BIG 3」編に行く前にシーズン終わってしまったので急ぐw

2日目終了。(いろいろ割愛)




NYC 2017 その8。 

高校卒業以来か、友人に会ってきた。

こっちはヤンキース戦の5時間ゲーム、彼は飛行機の遅延でグランドセントラル駅合流が深夜2時半。


しっかりとした立場で、マンハッタンのど真ん中で働き家族と暮らす彼の人生が自分とは違いすぎるだけに興味が尽きない。

結果、彼のオフィスで朝までしゃべり倒しました。


S__8396867.jpg


1泊させてもらったりと世話になってしまったが、自分とは掛け離れた人生に見えて、こうしてNYCで再会できるご縁なんて有難いわけで、またそっち行ったら世話になろうと思ってます。笑


宿に帰宅が朝の7時。(どしゃぶり)

駅のダンキンドーナツで1時間、小雨になるのを待って帰宅。



1日目終了。


PS:中学時代は自分と同じ野球部だった彼は翌日にあの元ヤンキース「松井秀喜」の草野球チームと試合だと言っていたので、翌日の午前の予定変更するから絶対俺も行くと伝えたが雨で中止に。ちなみに松井さんのポジションはピッチャー。球、速いとのこと。そして打席は「右」だそうです。そこはハンデらしい。

※野球をはじめたばかりの頃は右バッターだった松井さん、右だと打ち過ぎるからと兄や友人らに「左」で打てと言われてから「左」打席なのは有名な話。









NYC 2017 その7。 

ヤンキースタジアム。


S__8396853cp.jpg


野球がない時はあまり治安がいいとは言えないエリアだってのは10年前にも聞いた。


S__8396852.jpg


今回は2階席のこのあたりの席で95ドル。


S__8396855.jpg


好きなやつをゲットして着席。


S__8396856.jpg


すると雨。


S__8396857.jpg


今回の旅でヤンキースタジアムに行くとしたら翌日土曜日のデーゲームだった。

が、行きの飛行機に乗る間際、手に取った中日スポーツに「田中vsダルビッシュ、メジャー初対決が実現へ」の記事を発見。

それが金曜日のナイトゲームだと知り、その時間に別の場所で会う予定だった方に連絡しヤンキースタジアム集合にチェンジ。


RIMG0081.jpg


RIMG0080.jpg


田中 vs ダルビッシュ。

田中がピシャッとマウンド降りると、今度はダルビッシュが堂々と上がってくる。

共に7回まで被安打2。


S__8396864.jpg


この日の二人のピッチングを見れたのは、野球の神様に愛されたとしか思えない幸運でした。


S__8396865.jpg


ただ、ヤンキースのバッターに1人、異様な大物感を放つ奴がいた。


99番、アーロン・ジャッジ。


彼が打席に入る時の歓声がもう地鳴り。


ジーターの後を担うシンボリックなニューヒーローがついに現れた感です。


それとメジャーがイカしてた点↓


S__8396858.jpg


要するにバッターが打席に居るうちは、観客も席を立つなと。

こういうとこ大好きな文化。


結果はヤンキースWIN。

二人がマウンド降りてからはどっちでもいい試合だったけどサヨナラ勝ちの雰囲気も味わえるオマケ付き。


試合終了は深夜1時を回っていたけど電車は24時間運行中なのでそのまま高校の友人と会うためグランドセントラル駅へGO。


まだNYC1日目が終わってないという。。


NYC 2017 その6。 

宿で装備を身軽に整えすぐにまた地下鉄で移動開始。


ヤンキースタジアムへ向かう途中、1駅前で降りるとNewYorkで一番有名なストリートコートがあるというのでちょうどよくそちらに向かう。


S__7479333.jpg


S__7479336.jpg


この辺りをもうちょっと北に行くとBRONX。

ちょっと雰囲気変わってきます。


S__7479335.jpg

S__7479334.jpg


たまたまこんなPLAYGROUNDも発見。

実はこの辺りで軽く迷いまして。


S__7479337.jpg


二、三人の方に道を聞いたら「いや全然遠いぞ」的なことを言われ結構歩いての


「RUCKER PARK」

S__7479338.jpg

S__7479340.jpg

S__7479344.jpg

S__7479343.jpg

S__7479339.jpg


噂に聞いたラッカーパーク。

綺麗で立派なストリートコートです。

だから人が来るんだな。


↓こっちが降りるのに正しい駅。
「155 street station」

降りた駅も「155 street station」だけど名鉄名古屋駅とJR名古屋駅間の100倍遠いです。


RIMG0069.jpg

NYC 2017 その5。 

興奮冷めやらぬ中、この日の宿へ向かう。


RIMG0089.jpg


RIMG0059.jpg


Brooklyn の Grand Street 駅から歩いて5分ぐらいの所がこれからNYC滞在中お世話になる宿。


S__7299313.jpg


え、ここ?って思わず立ち止まった入り口。


S__7299311.jpg


早速、奥の男が写真撮んなって言ってくる。


RIMG0144.jpg


右側のドアが入り口で1Fにシャワールーム。地下1Fが寝室というか撮影スタジオになっててそこに置いてあるベッドで寝る感じ。


自分のベッドの向かいには猫が住んでた。笑


RIMG0142.jpg


シェアルームなので入り口のドアを開けたら必ず鍵を隠して中に入るんだけど、まずこのドアの鍵がクセあって最初全然開けられなかった。(アメリカこういうの多い)


隣のベッドの青年はNorth Carolinaから来たらしく、音楽で飯を食いたいからまずNYCの様子見に来た的なことを言ってたけど、帰る日に思っ切り寝坊してめっちゃ空港に電話してた。笑


もうひとつ隣のやつはフランス人。それ以上喋ってない。笑


もっとこの宿で写真撮ればよかった。。。


今回は宿ネタだけ。

NYC 2017 その4。 

マンハッタンから地下鉄で4駅ぐらいの WEST 4TH ST まで移動。


NYV20175.jpeg

RIMG003.jpg

S__7200771.jpg


こちらがNYCでも有名なストリートコート。


nyc20178.jpg


S__7200788.jpg


やっとんなーと思いながら見ていると...


S__7200789.jpg

nyc20176.jpg

S__7200785.jpg


ICE CUBE登場!

最高にナイスなタイミングでBIG 3のプロモーションがスタート。


その時の様子がこちら。





顔にボカシ入ってますがしっかり映ってる。


この動画で4ポイントを決めまくっていたリッキー・デイビス以外にもマイク・ビビーはじめ何名か選手が挑戦してましたが全然入らなかったのでカットされてます笑


S__7200779.jpg


また動画中の 4 POINT CHALLENGE で優勝した女の子ともセルフィ。


nyv20177.jpg


ちなみにこの時だけコート内には入れずも、外からアピールしてたらTシャツもらえたので早速着替えてます。笑


それとこの手前の方。


S__7200782.jpg


気になったので近寄ると...


S__7200773.jpg


James Harden Be Like…(ハーデンのモノマネ動画)で有名になったあの方。


こちらはNYのSTREETBALL LEGEND、ブラック・ジャック氏↓
(DO IT IN THE PARK見ました!)

S__7200784.jpg


いろいろとグレイトなタイミングでした。


S__7200783.jpg

S__7200772.jpg


次はボール持っていきます。



NYC 2017 その3。 

一応行っとこかってことでマンハッタン散歩。


RIMG0034nyc.jpg

S__7151732.jpg

S__7151733.jpg

RIMG0029.jpg


荷物を置きたいのに宿チェックインまでまだ2時間ぐらいあったので、翌日の予定だった WEST 4TH のストリートコートへ行くことに。


これがバッチリでした。


続く。。

NYC 2017 その2。 

宿主ケビンの出勤のタイミングで駅まで送ってもらう。


nyc20172.jpg


車に NewYork JETS(NFL)のステッカーが貼ってあったので英語に慣れようとNFLトーク&バスケの話題を振りながらのドライブ。「レブロンとカリー、どっちが好きだ?」「俺はレブロン派だ」と言っていたケビン。東海岸はレブロン派が多そうなイメージ。


ケビンの家は空港から車で10分ほどのQUEENSの住宅地で庭には子供用のがありました。


S__7118878.jpg


Eトレインで30分ぐらいは乗ったかな。

とりあえず"MSG"「Madison Square Garden」へ。


S__7118880.jpg


この日はヴァンダレイ・シウバとヒョードルが出場する格闘技イベントが開催予定。

S__7118881cp.jpg


当然気になったけど夜はヤンキースタジアム。

後でチェックしたがヒョードルは秒で負けたらしい。

日本での活躍ぶりからは想像できないけどもういいオッサンだしな。。


nyc20173.jpg


しっかりTシャツはRuss。

この旅の最終日に NBA AWARD がニューヨークのどこかで行われることを知っていたので当然MVP候補、意識しての持参です。


まずは腹ごしらえに最初のアメリカンフード。


S__7118882.jpg


まさかのドクターペッパーが出ないとのことで、一発目それらしいドリンクが飲めず残念だった思い出のバーガーキングw


今日はここまで。zzz


Russ TW MVP Tシャツ


NYC 2017 その1。 

今シーズンも3x3国内トップリーグ「3x3 PREMIER.EXE」の4シーズン目がはじまり、翌週にはニューヨーク、3週目に地元名古屋ラウンドど濃い2週間を過ごしました。

やばいこのままだとまた何も発信せずスルーしてしまう(昨年のデンバー・サンフランシスコの旅もこのブログでは一切触れず)と感じてた矢先に、某3x3女子日本代表選手より「写真だけあげれば」的な助言がじわじわ効いてきたので早速更新です笑


nyc20171.jpg


今回のニューヨークの目的はディーナゲッツ10周年記念「BIG3」生観戦。


BIG 3 ↓




アメリカがHIP HOPをベースに3on3のプロリーグを始めようっていうので行きますよそれは。


写真は夜10時にJFK空港着の時。


この日が木曜日の夜で、BIG3は日曜日。


少し早めに入ってストリートコートやら野球やら観るか。とは考えていたものの3x3 PREMIER開幕戦に注いだ分、まったく旅の準備ができておらず宿で夜通しプランニング。一睡もできず。


いかんやっぱりこれ長くなりそう。笑


また次回。笑


第51回スーパーボウル前夜 

さーてスーパーボウル前夜です。

ここで、一緒に観戦する四日市大ドランカーズHCのニックスくんと前夜ワクワクトーキンしたところで見所をシェア。

《ファルコンズ》
*シーズンMVPにQBマット・ライアン。
+フリオだけじゃないNFLナンバーワンの攻撃陣。2人のRBもTEもすこぶるいい!
*あのマイケル・ヴィックが今シーズンで引退。華を添えられるタイミング!
*シーズンMVPのチームは7年連続でスーパーボウルに勝てていない呪いあり!

《ペイトリオッツ》
*ブレイディ率いるチームのモチベーションが今回は特別。明確な証拠もないままNFLコミッショナーのロジャー・グッデルが決めたブレイディの開幕4試合出場停止。(詳しくはこちら。マジで酷い… http://sports.47news.jp/smp/sports/turnover/column/ikezawa/203904.html)
今シーズンの最後に、憎きコミッショナーからビンスロンバルディトロフィーを受け取ることができればそれが俺たちのアンサーだ!と燃えている🔥

いずれにせよ両チームとも攻撃力があるだけに、最後まで見応えある試合が期待できそう。

ps:マイケル・ヴィックといえばコレ。
  お疲れさまでした。

MVPⅡ Stephen Curry 

今年のMVPもやはり、カリーでした。

史上初の全131票満場一致での選出ですと。

ジョーダンの時はきっと誰かアンチがいたんでしょうが、それを考えると尚更満場一致は凄いわけで。

Stephen+Curry+NBA+MVP+Press+Conference+dZWIJF2AcP4l.jpg


↓これを見たら納得です。

楽しいわ、この人。





PLAYOFFも盛り上がってきました。

今はちょうど毎日1、2試合で一番面白いタイミング。


さーて連覇・・・かなー


「Dear KOBE」 

やっぱり書くよね・・・「Dear KOBE」w

ただいま KOBE BRYANT 引退前夜。


S__3858481.jpg


SNSはトリビュートやスペシャルムービー、#MAMBADAY #ThankYouKobe に溢れかえってて嫌でも見まくり!実感湧きまくりである。


kobe-bryant1.jpg


130413182340-05-kobe-bryant-horizontal-large-gallery.jpg


S__3858512.jpg


まずこのブランド「DLIVE」の一番最初の作品が KOBE Tシャツ。


2_FAB5.jpg

FABkobe.jpg


若かりし頃のド派手なダンク、ジャンプシュートのシルエット、ショートアフロ、低めの声、「コウビィ!!」という名前の響き。w 今まで見てきた中で"一番かっこいい黒人"がコービーだった。


kobe20bryant41.jpg


コービーのいるチームどこ?レイカーズか。じゃレイカーズだなってな具合だった。


レジェンドに対しての無礼とされるアクションも、周りが引く程の負けず嫌い発言も、プライベートでヤラかしても、ここぞの場面でボールが集まり、ブーイングも相手エースの挑発もプレイで黙らすコービーがコート上では最高だった。

真似ばっかしてた。(自分よりちょっとだけ年下だけど)

ここ数年の陰りだって見てたらわかる。けどそれでも何とかしてきたし、殿が外して負けるなら仕方ない。レイカーズなんてもうずっとそんなチームだ。


USATSI_8174719.jpg


引退発表を「Dear BASKETBALL」なんてタイトルで認めるなんて、他にできるやつ見当たらない。w


喪失感も何も実際いなくなってからしかわからないし、湧いてこない感情もきっとある。


ただ、コービーいなかったら DLIVE やってたのかなとか、ここまでバスケ好きになって、D-NUGGETSやったりMCしたり、こういう仕事してたのかなって思うとやっぱ泣けてくる。


愛犬コービーが逝ったのも引退発表の1ヶ月後で、「24」のナンバープレートを提げた人生初ゲットの新車が納車されたのもつい先週。


自分の人生と家族(は巻き込んだなw)に大きな影響を与えてくれたのがコービーなのは間違いない。


いつの日か、あなたに影響された結果、楽しい人生歩んでます。なんて感謝の気持ちも直接伝える日がくると思って、これからも頑張って続けていこうかなって思う。


それがこれからのモチベーションのひとつであり、目標にしよう。


kobe-bryant-trademark-friends-banners.jpg






「ありがとう」は直接言う。


でもここには一応タグだけつけとく。


#ThankYouKobe


hqdefault.jpg


もちろんKOBE引退記念リスペクトTシャツ、進行中。


新体制発表会 

毎年、この日は胸踊る。

明日開幕すればいいのにと。


名古屋グランパス、新体制発表会はコールリーダーSHINGO氏のTweetを追いながら参加してました。

ではリーダーのTweet順に少し。


S__2744387.jpg

S__27443971.jpg

S__2744398.jpg

S__2744390.jpg

S__2744386.jpg


テレビで鍛えたトーク術を発揮し、賞賛の声も多かった小倉監督プレゼンの様子。
(監督自らのプレゼン、動画で見たい...)


からの新加入選手登場。

S__2744388.jpg

左からオーマン、シモビッチ、イ・スンヒ


S__2744389.jpg

小林、武田、明神、荻、安田

もちろんルーキーの和泉くん、高橋くんもヨロシクね。


そしてこの新ユニ。

CYw7fNSU0AAe-fy.png


ユニホームは2年で変える法則も、小倉新体制の気合いで吹き飛ばし、昨年に続く連続でのリニューアル。

名古屋にとってはピクシー就任時以来のシンボリックな男の帰還。

大改革の新シーズンも、オラが街にサッカークラブが存在する幸せを噛みしめながら、楽しみたいなと思います。


FORZA! NAGOYA!!