2012 大晦日 

2012年もスポーティな1年が終わろうとしています。(毎年恒例)

EUROとオリンピックがやってくる4年に1度の今年は、これがどちらもヨーロッパ開催...思えば例年より間違いなく寝る時間を惜しんできた1年でした。


そしてその“スポーツの力”により、今年もあっという間 と思える程度には充実していたかと思います。

それにしても2012、いろいろありました。


・サッカー ユーロ2012。
・ロンドンオリンピック。〜なでしこジャパン、アメリカとの死闘の末、笑顔の銀メダル〜
(+澤穂希さんFIFA女子最優秀選手受賞)
・ダルビッシュ、メジャーデビュー。
・イチロー、ヤンキースへ。
・金本知憲、引退。
・小久保裕紀、引退。
・香川真司、マンチェスター ユナイテッド入団。
・KINGカズ、フットサル ワールドカップ出場。
・ゴン中山、引退。


パッと思いつくだけで濃い!

怪物左腕、桐光学園・松井裕樹くんも今年の夏の思い出です。

それと昨日、元中日や漫画「ストッパー毒島」でも活躍した門倉投手が引退を表明。(いやいいピッチャーでしたね!)


しかし、もう今年は最後にモッていかれました。


ゴジラ松井秀喜、引退。


生粋のドラゴンズファンである自分が、“ヤンキース松井秀喜”のファンになったのは、松井がヤンキース入団の2003年、ヤンキースタジアム開幕戦でした。


当時の記憶と共に、厳選のハイライト動画と共に振り返ります。


あの五打席連続敬遠の怪物・松井が、いよいよメジャーで勝負する!あの最高の雰囲気の中でプレイする!と期待して早起きしたあの日。
超満員のヤンキースタジアムは「あれが日本最高のホームランバッターMATSUIか!」「なに?ニックネームが“ゴジラ”だと!?」と期待大で騒然とする中、

2点リードで迎えた5回裏。

相手がバーニー・ウイリアムスを敬遠し、満塁で松井と勝負を選択した場面がやってきた。


相手にすれば当然の策。


ではここから、ヤンキースタジアムの雰囲気をしっかり楽しめるようイヤホン等を着用しご覧下さい。
↓冒頭5分間、しびれます。




あのカーテンコールの場面でいつも泣きますw


俺たちが日本で何度も見てきた、アンビリーバブルなホームランをアメリカのファンにも魅せつけてくれた松井。

かっこよすぎる!!!

あんな男に成りたい憧れる!!!


その翌年の開幕戦には、ヤンキースタジアムにいましたw

p1103.jpg


ここで打ってくれ!という場面で必ず期待に応えてくれた松井は、そのキャリア全盛期と言える時期に、信じられない活躍でワールドシリーズMVP。




そんな松井だから、こんな感動シーン。



(エンゼルス移籍後、初のヤンキースタジアムにてチャンピオンリング贈呈セレモニー)※5m29sの印の辺りから再生が◎。


日本では故障知らずだった松井も膝の怪我、手首の骨折を経てさらに大きな選手となって帰ってきての、この伝説はニューヨーカーのハートもガッチリ掴んで離しませんでした。


こんなスケールの大きな選手と同じ時代に生まれたことはとても幸せだと感じます。

でもその分、引退は本当に寂しい..。


が、それでも明日は2013年。


松井も僕らも、新たな年に、新たな目標を掲げて前に進むんです。


外が明るくなってきた大晦日の朝。

もう今日から、新たな気持ちでスタートできそうです。

こうして今、新しい年を迎えれらるという幸せに感謝しつつ、2013年も、張り切って参りましょう!


皆様にとっても幸多き1年になりますように。


DLIVE 櫻井 康貴



最後に、映像が秀逸なのでこちらで締めたいと思います。

ありがとう。松井秀喜!