澤穂希と”なでしこジャパン” 

サッカー女子ワールドカップ ドイツ。

日本女子チーム「なでしこジャパン」は昨日、グループ予選第二試合で4-0とメキシコを圧倒。

実に16年ぶりの決勝トーナメント出場を決めました。

(帰宅後に録画で前半を見終えると、つい開いたtwitterでまさかの松坂大輔投手が結果をtwite!)

そしてこの日、『人とボールがよく動く』日本のサッカーを華麗に表現したなでしこの中で一際輝く巨星 #10 澤穂希 が伝説を築きました。

釜本 邦茂さんを抜き、日本代表歴代トップの最多ゴール「78」は

ワールドカップ史上初という、ハットトリックで更新!

Z20110701GZ0JPG000618005000.jpg


どれもすばらしい3得点でしたが、スタンディングオベーションだったのは3点目。



2ちゃんねるでも「アニキが!澤アニキがやったよ!」とお祭り騒ぎでしたが、これぞ“日本のゴール”と呼べるすばらしい連携と、ゲームのような完璧なフィニッシュ。


5回目のワールドカップを控えた開幕前、33歳を迎える澤選手は今大会を

「集大成としたい。このメンバー21人で、絶対にメダルを獲りたい」

と、特別なものとして語りました。


試合後に「Thank you for your support」の横断幕で一周するなでしこを見ながら、

“このチームなら、もしかしたら” と。

日本を後押しする大きな力と共振できるチームの絆、そして絶対的カリスマの存在。

大きな期待を感じずにはいられません。


日本女子サッカー、なでしこジャパンは今、間違いなく全盛期。

決勝でアメリカを敗り、ワールドカップ初制覇。

そして M.V.P に 澤穂希。

楽しい夢でも描きながら、しっかり見届けたいと思います。


Z20110701TTAPT01550G1000000.jpg

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dlivenet.blog76.fc2.com/tb.php/1034-57ece4b5