元高校球児として 

日本の夏、野球の夏。

ドラゴンズはここに来て夏バテ気味ですが、7回に必ず転けるマスコットにも責任を感じてほしい今日この頃。

20110722-00000060-dal-000-view.jpg

ファームで何を学んできたのか。(正直、完璧な着地は見たことがない)
「お前の代わりなんでいくらでもいるんだぜ・・・」誰か耳元で言ってやれw


さて、8月といえば夏の甲子園。

各地で予選が佳境を迎え、昨日は岐阜県代表に関商工が名乗りを上げました。

関商工は、自分が通うことを許された数少ない学校のひとつ。
(通える高校の選択肢は3校だった)

今では関市に合併されたので、地元じゃ同じ市内の学校になりました。

昔から生徒を野球推薦で集めていたこともあって、同地区では強かったが、練習量の割に県内では上の下ぐらい。

自分よりも上手い友人がベンチを温めてるのに野球は超大味で、やりにくさは全くないものの(それでもほとんど勝てなかったけど、自分らみたいな中の中の学校相手だと常に上から目線でベンチからは汚いヤジが飛んでくる。ランナーにタッチするだけで「ってーなコラ」とか言ってくるし、考えたら数少ない“あそこには勝ちたい!”と思っていた学校でした。


そんな関商工が甲子園初出場。

その瞬間を迎えるまではラジオから離れられず、不思議と感動が込み上げてきたのです。


母校でも、好きだった学校でもないのに(当時の試合相手としてだけの感想なので悪気無しです)、なぜかとっても嬉しくて、心から讃えたいこの気持ち。

当時とはユニホームも全然違うし、野球も隙を無くして隙をつく全員野球。マウンドに集まると、ベンチや応援スタンドにみんなで指突き上げちゃう感じからは昔の面影も全く無し。

それでも『関商工が甲子園』で今年は少し特別な夏になりそーです。


なでしこジャパンの誰かの母校とかではなく、オリンピック選手の出身校などでもなく、

良い話も悪い噂も聞こえてくる、地元の身近な学校が甲子園に出るというのが、何よりの誇り。


こう感じれるのは、野球が日本の文化として根付いている証です。


これだけで幸せを感じれるというすばらしさ。

様々なスポーツが日本の文化として根付くことを願います。


関商工野球部、おめでとう!

甲子園での試合は火曜日がいいです☆(定休日だからw)


PS:いつの日か、母校が甲子園出場で号泣。これが僕の今の夢です。





~ we will never walk alone ~
www.dlive.net



この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dlivenet.blog76.fc2.com/tb.php/1045-7735add4