ジェシカ嬢の国歌斉唱がとても良かった件。  

「アメリカンアイドル」という番組を最近見始め、今日がシーズン11の優勝者決定の日。

“アイドル”とはいえ、有名大御所審査員(アーティスト)と、視聴者による電話投票により評価されるのはその歌唱力(過去にはおじさんも優勝w)で、そのクオリティの高さゆえ、半年に渡りぼちぼち楽しみにしてきた放送が今日、優勝者の発表と共に区切りを迎える。

日本ではアメリカより1ヶ月遅れて放送されるため、現地ではとうに結果が出ているものの、無事勝者を知ることなくここまで来れた。

そして昨日のボクシングビッグマッチ、パッキャオvsブラッドリーの試合前、国歌の歌い手として世界最高のリングアナ、マイケル・バッファー(いつ聞いても最高だ!)から高らかに紹介され登場したのが、ジェシカ・サンチェス嬢。シーズン11のファイナリストだった(最後の二人に残っている)。

え、ここに抜擢されるってことは・・・

サッカーなどスポーツをLIVEで観れない時、
『帰るまで結果を知らずに録画で観る“疑似ライブ観戦”に至るまで』
これをミッションと呼んでいる。

外を歩けばWIFI圏内、コンビニのレジにも結果が流れてくる時代である。ましてやtwitter、Facebook などで人との繋がりを持つ以上、ミッションを成功させるにはもはやトム・クルーズに護衛をお願いしたいレベル。

もちろん結果はまだわからないが、ちょっとがっかりだったのは言うまでもなく、今回もやはり、mIssion impossible なのか。。。

便利になればなるほど、その代償も小さくない。(大袈裟wだけどEUROなんて絶対結果知ってしまう)


しかし!ジェシカ・サンチェス嬢が例え準優勝だったとしても、“本物”だということは間違いない、すばらしい歌声だった。

毎回、ビッグイベントでの国歌斉唱はアメリカ中が注目し、エンターテイメント大国がオープニングで最も重要視するハイライト。

ここ数年のスポーツイベントで聞いた中では、個人的に優勝だった今回の国歌斉唱がこちら。



※1:40 ぐらいから。


何度聴いてもすばらしい。。。

サッカー日本代表戦前も、これぐらい“歌い上げる”シンガーはいないものかと。

「ジャパン アイドル」やればいいのに・・・


しかし肝心のパッキャオの試合は、見えない力を感じるガッカリ判定。

良くも悪くも、これぞアメリカン。


今夜の「アメリカンアイドル」の楽しみは若干減ったが、優勝発表は見届けよう。


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dlivenet.blog76.fc2.com/tb.php/1169-d6706fd9