映画2本 

今週は楽しみにしていた映画を2本鑑賞。

共にノンフィクション映画ということで、

内容はもちろんキャスティングにも注目して観ましたが、

これは感動号泣メン!ということでぜひとも紹介したいと思います。


1本目は「しあわせの隠れ場所」

blind_side02.jpg

2009年、レイブンズ(NFL)にドラフト1巡目で指名されたスター選手、

マイケル・オアーの半生を追ったドラマです。

別にアメフトに詳しくなくても、この主人公を拾って育てる家族の愛が中心に描かれるので、

とても観やすいです。

この作品で主演女優賞に輝いたサンドラ・ブロック、ぴったりのハマり役でした。

こちらが実際の写真↓

blind_side_true_story1.jpg

観賞後、アメフトファンなら本題である「the BLIND SIDE」の意味と、

邦題の「しあわせの隠れ場所」という解釈に、

これだけで☆1つ増やしたくなるいい映画でした。



2本目は「インビクタス~負けざる者達~」

51nYeO7ONOL.jpg

大統領就任直後のネルソン・マンデラがアパルトヘイトによる差別と格差をなくすために、

目前に迫った自国開催のラグビーワールドカップで優勝をめざし、

国が一致団結することで、国をまとめていこうとする様を描いた作品です。

個人的にクリント・イーストウッド監督の映画は大好きですが、

今回もまたやってくれました!


これ以上ないほどの完璧なキャスティング(特にモーガン・フリーマン!)に、

当時の映像かと思わせる工夫、白人と黒人の関係を描く絶妙な描写、音楽のセンス、

ラグビーの激しさと臨場感、そしてスポーツがもたらす、何かを変えられると思わせる大きな力を

見事に描いた今年上半期最高の作品です。(個人ランク)

d0117645_1154546.jpg

invictus.jpg


実際の写真↓

6a051520.jpg


こいつは映画で、でっかいスクリーンでみるべきだった・・・


やっぱし映画化されるぐらいのスポーツノンフィクションものはすばらしい!

スポーツ万歳!


トイストーリー3を観る前に1,2の復習をとレンタルに通っているものの、ライバル多し!しばらく他のいろいろ借りちゃいそう・・・

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dlivenet.blog76.fc2.com/tb.php/803-90762f5b