mission impossible 

ゴールデンウィーク、スポーツ盛りだくさんでしたね。

しかし、僕にとってはまた悔しい出来事が。

日曜日、とっても楽しみにしていたボクシング「パッキャオvsモズリー」を仕事から帰って観ようと録画していたのですが、先にtwitterで結果を知ってしまいました。もちろんtwitter開いちゃったのがいけないのですが、他にもいろんな敵が潜んでいます。

こういう日(どうしてもLIVEで観戦できない日はやむなく録画して帰宅後に観る)は『無事に結果を知ること無く家に辿り着くミッション』、すなわち『V作戦』(※作戦といえばこれ)の発動です。

まず試合当日に自らが注意する点は

・インターネットしない。
・ソーシャルネットワークみない。(mixi、facebook など)
・つぶやこうとしない。(twitter)

普段からパソコンやスマートフォンを使う方はまずインターネットに繋ぐクセすら付いちゃってるもの。Yahoo のアイコンを触ろうもんならトップニュースで表示される可能性もあるので、開いた時点でとっても危険です。しかし仕事上、インターネットしないなんて無理な場合も多々あります。その場合は細心の注意が必要となりますが、
一番難しいのが人と会った時、もしくは電話での会話です。

スポーツの話題なんて、日常の会話で毎日のように話にでます。(スポーツマンならば!)例えば誰かに会って、あいさつもそこそこに「そーいえば○○勝ったね」といきなり言われることが多々あります。録画していてまだ観ていないとなるともう石化。この時点で終了です。

あ~俺それ言ってるかもな~という方は明日から

「昨日の○○の試合みた?」

から始めてみてください。これなら「あ、まだ観てないから言わないで!」と、楽しみも継続しますし、何よりその思いやりに好感度がグンとあがります。彼はスポーツをよくわかっている。愛が違う!と。

他にも

・車に乗る場合はラジオをつけない。
・コンビニに行く場合はレジの液晶モニターを見ないで会計を済ます。

などもありますが、家に着いてからが一番危険です。

「よっしゃ作戦成功!ブイ!」なんて言いながら油断してテレビを付けた瞬間、スポーツニュースがピンポイントで流れる悲劇も何度か経験しました。

ここまできて、その結果を目の当たりにすることほど残酷な結末はありません。

まずはテレビの電源を入れると共に、入力切替にて外部入力に。

次に録画機の電源を入れ、すぐに録画リストを表示します。

ここまでできて、ようやくソファーに腰を下ろすのです。


あとは録画してある試合にゆっくりとカーソルを合わせ、歓喜の「ブイ~!」のかけ声と共に、再生ボタンを押すのです。


様々な困難を乗り越えての録画LIVEスポーツ観戦もまた、格別です。


でもできれば twitter で結果だけつぶやくのとかやめようねっ。
知りたい方は自分で調べるから、誰も得しないです。






この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dlivenet.blog76.fc2.com/tb.php/996-ca35909a